メインイメージ

ノコギリヤシの摂取量

ノコギリヤシの一日の必要摂取量は、およそ200mg~320mg程度と言われています。
サプリメントなどを使うと一日の用量が決まっていますから、必ずその量を守るようにしましょう。

ノコギリヤシを摂取する時は、記載されている用法と用量を確認し、その記載に従って摂取をスタートさせます。
この時、薬ではないからといって目分量で適当に口にしないよう注意が必要です。
ノコギリヤシには男性ホルモンに作用する成分が含まれていますから、たくさん摂ると体調不良を起こす可能性があります。

ノコギリヤシは自然の中に自生しているヤシなので、植物由来の副作用のない成分として知られています。
しかし薬もたくさん摂ると毒になるように、安心はできません。
外国のサプリメントは国産の製品以上にノコギリヤシエキスが多く含まれている場合があり、一見安心して摂取できそうにも思えますが、日本国内の理想的な摂取量は320mgです。
過剰摂取をするとホルモンに影響が出る可能性もあります。
健康食品とはいえども、即効性だけを目的にした過剰摂取はしないようにしましょう。

体質によっては320mgで効かない場合があるようです。
しかし必要摂取量を守ることはとても大切です。
たくさん飲んで具合が悪くなる方もいるようですから、気分が悪くなった時は使用を中止し、摂取量を減らすなどして様子を見ましょう。
海外のノコギリヤシサプリメントには1錠で500mgを超えるものがありますが、日本人の体には海外製品は合わない場合がありますので、錠剤を半分に割るなどして工夫して飲むようにしましょう。

ノコギリヤシと組み合わせるのに良いとされるサプリメントに亜鉛がありますが、亜鉛は15mgが一日の目安となります。
こちらもノコギリヤシ同様、過剰摂取にならないよう注意が必要です。
目に見える副作用がなくても、薬はたくさん飲めば毒になってしまいます。
あくまでも用法と用量を守ったうえで、安全な範囲での摂取を続けていきましょう。


トップに戻る